白鳥を弾くまで

チェロを弾きながら 海外単身赴任の夫の帰りを待つ妻のシンプルライフ

心穏やかに過ごしたい

コロナウィルス問題でとうとう学校まで休校となり、もうわたしには直接関係はありませんが、胸を痛めています。
先日仕事が休みの日にドラックストアでマスクを買うために並ぶたくさんの人を見ました。
お店から消えたティッシュやトイレットペーパー。

まるで災害の時のように、パニックになり日用品をどんどんかごに放り込んでいく人々を目の当たりにしました。

わたしはミニマリストではありませんが、日用品のストックは普段からあまりしていません。
いつでもお店で買えるという安心感からでした。

でももう、こんな考えは甘いのかなと最近感じるようになりました。
本当に必要なときにすでにお店の在庫はとっくになくなり、残り少ない家の在庫を不安になりながら使っていく。
こんなことになるのなら、ある程度備蓄しておけばよかったかなと思いました。

あと1ヶ月分はありそうなので、その頃には買えるようになっているといいのですが・・

不穏な世の中の空気に気持ちが落ち込んでしまいますので、テレビもあまり見ないようにしています。
録画したドラマや映画を観たり、読書をしたり、チェロを弾いたり・・

娘とふたりの小さな暮らし、意識して心穏やかな生活ができるようにしています。

こんなときもやはり夫がいないと不安です。

f:id:cellolife:20200229222329j:plain

f:id:cellolife:20200229222350j:plain

ベランダにクリスマスローズがいつの間にか花を咲かせていました。
花は花は花は咲く
早くコロナ・ショックが終息して穏やかな春が来ればいいなあ。

 

www.sizukuisi.life