白鳥を弾くまで

チェロを弾きながら 海外単身赴任の夫の帰りを待つ妻のシンプルライフ

ついにハ音記号がきた!

チェロのレッスンは月2回1レッスン90分
アンサンブルは月1回2時間

がんばって続けています。

レッスンは練習曲(エチュード)とポジション練習曲、二重奏をしています。

エチュードはドッツァウアー113の練習曲

f:id:cellolife:20200213094242j:plain

同じようなことを繰り返す長い曲が多くてすごく集中しないと弾けません。
エチュードですが曲は美しい曲、かっこいい曲もあってわたしはドッツァウアーが好きです。
これをこつこつ積み重ねていくときっとチェロが上手になるんだろうと信じられる曲集です。

重音を弾くのが苦手なので10番にすごく苦労しています。

p>
Dotzauer, Exercises for Cello, Op.120, Book 1, No.10

 

リック・ムーニーのポジションピースは2巻に進みました。

f:id:cellolife:20200221212236j:plain

ついに第5ポジションから第7ポジションの練習になります。

f:id:cellolife:20200221212336j:plain

そしてついにきました!ハ音記号です。

f:id:cellolife:20200221212351j:plain

チェロの楽譜は基本的にはへ音記号ですが、高い音になってくるとこれがでてくるのです。

今までの人生でハ音記号の楽譜は読んだことがないのですごく苦労しています。
全然読めない!時間がかかってしまうしドレミをふりたいぐらいです。

ハ音記号を読むこつないかなあ・・
慣れるしかないんでしょうね。