白鳥を弾くまで

チェロを弾きながら 海外単身赴任の夫の帰りを待つ妻のシンプルライフ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

f:id:cellolife:20200103103441j:plain

元旦の朝、おせち料理を食べてすぐに夫はインドネシアに戻ってしまいました。
去年は年末に戻ってしまったので、年を越せただけよかったかもしれません。

仙台から帰省している次男は5日までいますので、引き続きかわいい息子へおもてなしはしてあげたいと思っています。

f:id:cellolife:20200103103616j:plain

ジャカルタの空港に着いたと連絡があった夫からホテルに着いたという連絡がなかなか来ないと思ったら、大渋滞に巻き込まれていたということでした。
翌日わかったことなのですが、ジャカルタの一部が大雨で大変なことになっていたようなのです(夫から送られて来た写真です)

f:id:cellolife:20200103103950j:plain

道路が寸断されたところがあったため大渋滞になっていたということでした。
被害がこれ以上ひどくならずにすむことを願っています。
夫が住んでいる町は大雨が降ったもののあまり被害はなく、近くの牧場ものどかな感じ

f:id:cellolife:20200103104221j:plain

次回の帰国はラマダン明け休暇の5月中旬になりそうです。
また娘とのさみしいふたり暮らしに戻ってしまいます。

最近久しぶりに会った知り合いにお互いの近況を話すことがありました。
「娘とふたり暮らし!天国やね!」と言われました。
実際そんなふうに言われること、とても多いので慣れました。
ほんとは少し傷つきます。
日々、ささいなケンカやイライラがあっても家族一緒に暮らせることがどんなに幸せなことか。
年に数回しか会うことができない夫婦のことを想像してみてほしいと思います。
絶望とさみしさしかないのです。

 

www.sizukuisi.life