白鳥を弾くまで

チェロを弾きながら 海外単身赴任の夫の帰りを待つ妻のシンプルライフ

ふたりの食卓〜サンドイッチランチ

わたしが午前、午後診とも仕事の日はお昼に二時間ほど家に帰ってきます。

その間に昼食、晩ごはんの用意など忙しいです。

わたしひとりなら残りものや、買ってきたパンなどでいいのですが、今は家に夫がいます。

f:id:cellolife:20210916222805j:image

朝にサンドイッチを作っておきました。

朝ごはんの残りのサラダやおにぎり、フルーツとカップスープを添えて。

夫はずっと家で仕事をしています。

ひっきりなしにインドネシアからメールや電話が入り忙しそうです。

電話でインドネシア語を話してる夫を見るとこの人だれ?という感じ。

3年以上いるとやはりそれなりに話せるようになるんですね。

50歳半ば過ぎて新たな言語を学ぶことは並大抵ではなかったと思います。

このままWebを使い日本でインドネシアの仕事ができるんじゃない?と思いますが、そうはいかないようです。

f:id:cellolife:20210916224924j:image

f:id:cellolife:20210916225001j:image

f:id:cellolife:20210916225043j:image

夫が家にいるのもあと2週間ほどになってしまいました。

毎日の献立に悩みますが、家のごはんを楽しみにしてくれているのでかんばりたいと思います。