白鳥を弾くまで

チェロを弾きながら 海外単身赴任の夫の帰りを待つ妻のシンプルライフ

タオル1本で家をピカピカに

タオル1本で家をピカピカに磨く

 


「幸運は玄関から入ってきます。いつもきれいにしておきましょう」

本やネットでとてもよく目にする言葉ですね。多少部屋がとっ散らかっていても
これだけは守るようにしています。 靴は今はいているものしか外に出さないので
家族が出かけてしまうと何も無い状態です。お掃除も楽ちんです。家に帰ってきたときに玄関や廊下がぴかっと光っていると、家がお帰りと言ってくれているようでとても気持ちがいいです。

よく言われるようにトイレや玄関をピカピカにすると幸運が舞い込んでくるとかお金が貯まるとか本当なんでしょうかね?夫は単身赴任になり、子どもは受験に落ちたりでわたしはあまり実感がないですが・・修行が足りないのでしょうか。

f:id:cellolife:20181027192443j:plain

タオル1本で拭き掃除しています

わたしは子育ての手が離れかけてから病院の受付として働き始め13年になります。病院では毎日診察の前にタオル一本でふき掃除をします。午前午後とするのでいつもピカピカです。わたしは病院で掃除というものを教わったような気がします。汚れていなくてもルーティン化して拭きつづけるとタオルにはほとんど汚れはつかなくなり拭いたところは光り出します。

家でもタオル一本でふき掃除をしています。洗剤は使っていません。汚れがひどいなと思うときは台所洗剤をちょっとタオルにつけて拭いています。タオルは粗品でもらうような薄いタオルが一番拭きやすいです。汚れたらたたみ直してきれいな面を出しながら拭くと途中でほとんど洗い直さなくても大丈夫です。

バレーボール用膝サポーターが便利

 四つん這いになって拭き掃除するので膝が黒ずんできてしまいます。何かいい方法はないかと思い、バレーボール用の膝サポーターを買いました。これをつけると膝が痛くないし、するする滑りやすいので掃除がしやすいです。エクセサイズの気分で盛り上がります。


今はお掃除ロボットを買う予定はなし

 

床掃除は掃除機をかける日。クイックルワイパーでほこりだけ取る日。床磨きもプラスする日など、その日の汚れ具合や気分でいろいろです。これがわたしにとって飽きずに続けられるコツです。お掃除ロボットも魅力ですが、ラグをひいていたり段差があるとできるのかわかりません。飼っているインコさんが恐がりそうです。お掃除ロボット自体の分解掃除などのお手入れがめんどくさいというのが一番の理由です。拭き掃除は肩周り、肩甲骨を大きく動かす絶好のエクセサイズなので、ロボットに頼らず自分でしたいと思っています。でも、もしお試しさせてもらえたら手放せなくなるのかしら・・

f:id:cellolife:20181027192622j:plain

わがやのインコさん