白鳥を弾くまで

チェロを弾きながら 海外単身赴任の夫の帰りを待つ妻のシンプルライフ

病院の受付の仕事・・15年たちました

小さなクリニックで受け付けと看護助手の仕事をしています。
この勤続15年を迎えました。
長男が中3,次男が小5、長女が小2になったときでした。

ずっと専業主婦でいたので、社会に出ることはとても不安でした。
家族の協力とクリニックの優しい先生と他のスタッフのおかげでここまでやってこられました。

クリニックのスタッフ全員が10年以上働いているので、まったくスタッフに変化がないのです。
こういうのも珍しいと思いますが、みんな本当によい人ばかりで気持ちよく仕事ができています。

この春から白衣が一新しました。
今まではオーソドックスな水色の白衣でした。
みんなの白衣がだいぶくたびれてきたので先生が買ってくださることに。
カタログでどれでも好きなのを選んでよいとのことでしたので、みんなで相談してこんな白衣になりました。

色が選びきれず、両方に(笑)

とてもおしゃれで、エステの人みたいです。
あと何年働けるかわかりませんががんばりたいと思います。

 

f:id:cellolife:20210411104545j:plainf:id:cellolife:20210411104558j:plain

 4月から長男のお嫁さんも職場復帰・・孫も保育園に通い始めました。
今は夫婦共働き、別財布があたりまえ。
わたしは実家が遠く子どもを預けられることができなかったこともあり、専業主婦でした。
今となってはすごく恵まれた立場だったんだなあと思います。
夫はがんばって会社でかせぎ、わたしは子育てと家事をすべて引き受けていました。
夫は頭が昭和なので未だに妻と子どもを俺が養うんや!って感じの人です。

わたしが働いて稼いだお金も絶対家計に入れるな!好きにしたらいいと言われ、ほぼすべて貯蓄することができました。

夫のプライドにうまくのっかって順調に貯蓄できてよかったと思います。

 


 

ランキングに参加しています 

いつも応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シニアライフランキング