白鳥を弾くまで

チェロを弾きながら 海外単身赴任の夫の帰りを待つ妻のシンプルライフ

ヤマハ大人の音楽教室でチェロを習う

ヤマハ大人の音楽教室でチェロを習う

 

体験レッスンに行く

 チェロを習いたいと思っても、簡単にピアノのように個人の教室をみつけることはできませんでした。一番近いヤマハ大人の音楽教室でチェロのクラスがあることを知り、体験レッスンを申し込みました。入会する気は満々だったので体験レッスン後、入会申込をしました。

school.jp.yamaha.com

 

個人レッスンとグループレッスン 

レッスンは個人レッスンとグループレッスンが選べます。

個人レッスン     月3日×30分 月謝 11880円

グループレッスン   月3回×60分 月謝 個人より2000円ぐらい安い

  • まったくの初心者なので
    今あるグループに入ってついていけるかという不安
  • 自分のペースで練習したい
  • 先生を独り占めしてじっくりレッスンできる
  • グループレッスンの曜日が通えない曜日だった

などの理由で個人レッスンになりました。

 

結構かかる初期費用

入会にあたって払った費用は次の通りです。

  • 入会金         5400円  
  • 2ヶ月分のレッスン料  20520円
  • 2ヶ月分の施設費    3240円
  • テキスト代金      4320円

          合計  33480円 

これを現金で支払いました。3ヶ月め以降はレッスン料10260円と施設費1620円。計11880円の銀行口座引き落としとなっています。個人教室なら8000~10000円ぐらいかなと思います。ヤマハは施設料がかかるのでその分高くなってしまいますね。特典としてレッスン室の使用30分500円のところ、2ヶ月間無料の券をいただきました。2ヶ月間はいつでもレッスン室を無料で借りられたので、レッスンの前にレッスン室で練習してから・・ということができよかったです。特典は入会時によって入会金無料だったりいろいろだと思いますのでチェックされるといいですね。

家はマンションなので思う存分音をだして弾くことができず、いつもチェロにミュートという音の響きを少なくする器具をつけて弾いています。

 50代から楽器を習う

 

楽器を習う・・というのは初期投資をはじめとてもお金がかかります。家はチェロを持っていたので楽器を新たに購入する費用はかかりませんでしたが、月々の月謝もなかなかのものです。今までは子ども3人を最優先にお金を使ってきました。でももう、長男は社会人、次男と長女は大学生になりました。ぜいたくな習い事かな・・と思いながらももうそろそろ自分のためにお金を使っていいかなと思います。50代は何かをはじめる最後のチャンス?一生の趣味としてチェロを弾いていたいと思います。

 チェロのテキスト 

 

 ヤマハのテキスト

チェロのテキストは皆さんどんなものを使っておられるのでしょう?わたしはヤマハ大人の音楽教室なのでヤマハのテキストです。

f:id:cellolife:20181018140704j:plain

 

黒い本がテキスト、音階やスラー、スタッカートなど基本的な練習です。赤い本がレパートリー、曲集です。今までエーデルワイス、喜びの歌、ムーンリバー、ROSE他、いろいろ習いました。1巻はだいたい1年から1年半ぐらいで終わると聞いていました。大人の生徒さんは忙しいので週に1,2回ぐらいしか家で練習しない人が多いのだそうです。だからゆっくりマイペースでいいんですよ・・とのことでした。

わたしは毎日1時間練習しています

子どもたちがピアノを習っていたときに、毎日練習するように厳しく言っていた手前、わたしも毎日練習しています。レッスンの時間が30分と短いので、最低譜読みができていて、あまり間違わずに一通り弾ける状態にしておかないと時間がもったいないです。弾ける状態にしておくと、先生が音楽の表現や弓の使い方、指使いなど「その先のこと」を教えてくださったり、伴奏を弾いてくれてアンサンブルを楽しむことができます。

 

ウェルナーチェロ教則本 

1巻のテキストが半年ぐらいで終わってしまいそうな勢いだったせいか?先生がヤマハのテキストだけでは足りないのでウェルナーをやってみましょうということになり、ウェルナーチェロ教則本もやっています。こちらはピアノのバイエルのようなもので、古い教則本のため使うのに賛否両論はあるみたいです。全部ではなく先生が必要と思った曲を選んで教わっています。

 f:id:cellolife:20181018151227j:plain

 上がヤマハのテキスト、下がウェルナーです。先生が「足りない」と言われたわけがよくわかると思います。ウェルナーをするとみっちり深く練習でき疲れますが、ヤマハのテキストがものすごく簡単に感じます。確かにしつこく退屈な音階練習などが多いですが時々曲っぽいものもあり先生とのアンサンブルが楽しいです。

 チェロスタンダード 100曲選

先生に「何か弾きたい曲があったら楽譜をもってきてください」と言われ、選んだのがこの本です。わたしが弾きたいと思っていた「花は咲く」「北の国から」「おくりびと」などが入っていたので買ってみました。この本からすでに「見上げてごらん夜の星を」「花は咲く」を練習しました。今は中島みゆきの「糸」を練習しています。 自分のチェロのレパートリー増えていってうれしいです。丸をもらったあとも時々弾いています。

この本、いろいろな曲が入っていていいのですが、ピアノ譜もあるともっとよかったと思います。レッスンではいつも先生がチェロですばらしい即興の伴奏をしてくださいます。

4冊の本

・・というわけで現在4冊のチェロのテキストを使って練習しています。最近はヤマハの黒いテキストのほうはほとんど使用していません。1巻が終わると月謝が上がってしまうので上がらないように先生がセーブしてくれてるのかなと感じています。ゆるーく好きな曲を練習させてもらえてとてもありがたいです。

www.sizukuisi.life

 

www.sizukuisi.life