白鳥を弾くまで

チェロを弾きながら 海外単身赴任の夫の帰りを待つ妻のシンプルライフ

チェロレッスン~ドッツァウアー113番は佳境の曲へ

新しいチェロの先生に代わって1年たちました。

エチュードはドッツァウアー113の練習曲をしています。

14番・・わたしが苦手な重音がたくさん出てくる曲
ようやく合格をもらいました。
すごくきれいな曲なので練習するのは好きだったんですけどね。

f:id:cellolife:20200517085314j:plain


Dotzauer Etude No.14 from 113 Etudes for Cello, Book 1

ドッツァウアーはレッスンの時、3曲くらいみてもらうのですが、一発合格のものもあれば、数ヶ月かかってしまうものもあります。

今、必死で練習しているのは17番

f:id:cellolife:20200517085916j:plain

 


Dotzauer, 113 Etudes for Cello, Book 1, No.17 - Learn It Right

先生によると、この教本は10番、14番、17番、19番がとても難しくヤマとなる曲だそうです。
あとは音符が細かいだけでそんなに難しくないと・・
(わたしにとってはどれも難しいのですけど)

ボーイング(運弓)のとてもいい勉強になるのでレッスンでは合格しても時々練習しておくように言われました。

ドッツァウアーはきれいな曲ばかりなのですごく好きです。
難しいけど弾けるようになりたいと思うんです。

 

www.sizukuisi.life